沖縄でダイビングライセンスを取得するために初めて一人旅をしました


両親が共働きだったこともあり、私が中学生の頃から妹たちに食事を作るなどの面倒をみてきました。家事をするのは嫌ではありませんでしたし、妹たちもちゃんと協力してくれるので不満を感じたことはありませんでした。しかし親からすれば、子どもに家事を任せることに少し罪悪感を感じていたようで、その代わりとして毎年1回は家族旅行をすることになっていました。海外旅行に行ったこともありますし、温泉やアミューズメントパークに家族で遊びに行ったこともありました。旅行中は一緒に寝起きをして食事をするので、常に行動を共にしていますから寂しさを感じることがありませんでした。

 

ただ大学生になってからは、一人で旅行をしてみたいという気持ちになったので、夏休に一人旅行を計画することにしました。両親からは一人で旅行をするなんて危ないのではないかと反対されましたが、絶対に行きたいところと目的があったので譲りませんでした。そうしたら私の意志が固いことを理解してくれたようで、最後は賛成して笑顔で送り出してくれました。

 

私が行きたいと思っていたのは沖縄で、そこでダイビングライセンスを取得するという明確な目的を持っていました。大学では農学部を専攻しており、そこで海洋生物の研究をしていますが、教授からは海洋生物を直に診られるようにするため、ダイビングライセンスを持っておくと良いと言われました。そこで実習が始まる3回生になるまでに、ライセンスを取得したいと思っていました。沖縄だけでなく、他の地域でもダイビングライセンスを取得するための講習会は開催されていますが、沖縄の方が短期間でライセンスを取得することができますし、取得してからすぐに綺麗な海に潜ることができるということに魅力を感じていたからです。ただ旅行の申し込みをしてからは、一人で旅行をするということに不安を感じるようになり、出発する前は眠れなくなりました。

 

私が選んだ沖縄のダイビングライセンスを取得できるスクールは、沖縄ダイビングライセンスでした。
 

飛行機に乗ってからはあっという間に沖縄に到着したので寂しさを感じる暇もありませんでしたが、現地で行動するときには寂しさを感じて、家族って大事な存在だと実感しました。ダイビングライセンスの講習会では、私のように一人で参加している人も多く、全国各地から沖縄に来ていることがわかりました。インストラクターから指示を受けながら練習をしているうちに、参加者同士で仲良くなって、講習会が終わった後は一緒に食事に行きました。ライセンスも無事に取得できましたし、いろんな人と仲良くなれて楽しかったです。

沖縄でダイビングをする人たちに人気のワールドダイビング

海は多くの日本人にとって非常になじみの深い大自然で、海でのレジャーの魅力にはまっていると言う人は、男女を問わず幅広い世代に大勢います。そういった海をこよなく愛する人たちの間で、特に人気の高いレジャーはダイビングでしょう。海の上で楽しむのではなく、中に入ってじっくりとその神秘的な世界を堪能することができるという点は、ダイビングの大きな魅力なのです。
 

ダイビングの楽しさを特に満喫できる国内の地域としては、1年を通して温暖で、しかもたいへんきれいな海が周囲に広がっている沖縄が代表格だと言えるでしょう。その沖縄でダイビングを楽しもうとする人たちの間で、特に人気の高いスクールが、恩納村にあるワールドダイビングです。ダイビングを存分に楽しもうと思うのであれば、ライセンスを取得することが当然重要なのですが、どうせならライセンスを取得するにも楽しみながらの方が良い、ライセンスの取得という体験そのものも良い思い出にしたいと考える人たちが、ワールドダイビングを利用しに大勢訪れています。
 

ワールドダイビングの魅力は、少人数で開催されるためアットホームな雰囲気の中で、またその人に合わせた丁寧な指導の下で、楽しくライセンス取得のための勉強ができるという点です。また取得したいライセンスの種類に合わせた色々なコースが用意されているので、初心者から上級者まで、幅広いニーズに対応することができます。